血圧の問題を抱える人の中でも高血圧に悩まれる方は多いと思います。
薬を飲むほどではないけれど、何とか改善出来ればと考えている方に
おススメなのは“お茶”です。
お茶で高血圧の改善サポートが可能なんです。
今回は、高血圧に効くと評判のお茶をご紹介したいと思います。

どんなお茶が高血圧に効くの?


お茶が高血圧に効くと言ってもお茶ならどれでも良いと言うワケではありません。
緑茶、紅茶、烏龍茶など様々ある種類のどれを飲めば効果が得られるのでしょうか。

緑茶

高血圧には、緑茶のカテキンが効果があると言われています。
カテキンはポリフェノールの一種として知られています。
抗酸化作用も高く、血圧を下げる効果など生活習慣病全般に有効なんです。

そば茶

そば茶に含まれる“ルチン”が血圧を下げる効果があると言われています。
ルチンはカテキン同様にポリフェノールの一種で、これが血管の収縮を防止しするなどして血圧を下げる事が出来るのです。
そば茶の中でも韃靼そば茶はルチンが豊富に含まれているのでおススメです。

杜仲茶

杜仲茶に含まれる“ゲニポシド酸”が副交感神経に働きかけてリラックス効果を生み出します。
私たちはリラックスすると血行が良くなりますので、その結果高血圧対策につながります。

サラシア茶

意外なところでサラシア茶が挙げられます。サラシアは血糖値抑制で有名な成分ですが
血圧抑制にも効果があるんですね。
このサイトのサラシア100の効果にそのような記載があります。

市販のペットボトルのおススメは?

お茶をいつも淹れるのは忙しい人にとっては面倒と言えば面倒ですよね。
市販のお茶でも効果が国から認められている特定保健用食品、“トクホ”のお茶がおススメです。

サントリー 胡麻麦茶

高血圧に効くお茶の代表格として既に人気の胡麻麦茶は、血管の収縮を促す酵素の働きを抑える事で血圧の上昇を防ぐ効果が認められている商品です。

1日1本を12週間続けると血圧が下がったと言う結果もあるので、試して損はないですね。

花王 ヘルシア緑茶

ヘルシア緑茶は脂肪を燃焼する効果があると人気ですが、普通のお茶より多くのカテキンが含まれている事から高血圧対策にも十分に効果が期待できます。

お茶には血圧を下げる効果の他にも肥満予防や殺菌効果など、健康に関する効果が大いに期待できる飲み物ですので、幅広く私たちの健康を維持するうえで役立ってくれると言えます。
まずは根気強く毎日飲み続ける事が大切です。
今日から始められる高血圧対策を試してみませんか?

高血圧に効果のあるサプリメントで気軽に高血圧対策

健康診断に行くと必ず血圧について指摘を受ける方はいませんか?
放っておくと命に関わる病気を引き起こすと言われる高血圧の症状を
そのままにしておくわけにはいきませんよね。
だからと言って食生活に気を使ったり運動をする時間もないとしたら
どうすればよいのでしょう。
1番簡単な方法としてサプリメントがあります。
手軽に試す事が出来るので、愛用者も多くいます。
人気の3種類をご紹介したいと思います。

きなり

内臓脂肪などにも効果があるとされるサプリメント、きなりは実は高血圧にも
有効なんです。
きなりに含まれるDHA・EPAの成分は脂肪を減らす効果がありますが、
脂肪やコレステロールが改善されると血液の流れもよくなり、結果的に血圧も下がると言う訳です。
魚臭さを心配される方もいますが、臭いの心配もなくとても飲みやすい商品です。

  • 通常価格 5,695円
  • 毎月お届けコース 初回1,980円 2回目以降3,790円

肝パワーEプラス

牡蠣のタウリンや亜鉛、ジャンボにんにくのスコルジニン、南高梅のクエン酸を中心としたパワーで、血液ドロドロで悩む方のお悩み答えたサプリメントです。
特に牡蠣に含まれるタウリン、亜鉛には血圧を下げる効果が期待できるとされています。
その他にも、お酒をよく飲む方や疲れが溜まっている方などにもピッタリの商品です。

  • 通常価格 3粒入り5袋お試しセット 1,500円
  • 毎月100名限定 980円

白井田七(しらいでんしち)

白井田七は、完全無農薬の田七人参を材料に作られた血糖値、高血圧改善を含めた生活習慣や食生活に自信ない方のためのサプリメントとして大変人気があります。
田七人参には高麗人参の約7倍ものサポニンが含まれています。
このサポニンは血糖値を下げる効果の他に血管を広げる作用があるため、
高血圧にも有効とされています。
しかも血圧のバランスを上手に取れるので、低血圧の方にもおススメできるサプリメントなんです。
自然由来の漢方で安心して服用できるのも人気の理由の1つです。

  • 通常価格 12,000円
  • 毎月300名限定 毎月お届けコース 初回限定9,240円
  • 3箱おまとめセット 34,200円

成分、価格なども含めて3つともそれぞれ違いもありますので、
まずは、サンプルやお試し購入で試してみてご自分に合ったサプリメントを見つけてみて下さい。

血圧上がる原因ってなに?正常値はどのくらいなの?

血圧と聞くと、高い方も低い方もいろいろな弊害がある事で良く知られていますよね。
特に高血圧は病気の原因にもなりますので、注意が必要な症状です。
今回は、血圧が上下する原因や正常値、症状など血圧のあれこれをご紹介したいと思います。

高血圧・低血圧の原因は?

高血圧

高血圧の原因は、塩分の取り過ぎや遺伝、ストレスや肥満などいろいろ言われていますが、実はそのほとんどは原因不明なんです。
ですから、いつ誰が高血圧になってしまうか分からないと言う事ですね。

低血圧

低血圧の場合は、体の中を回っている血液の量や心臓から送り出されている血液の量が減ってしまっている事など、主に血行不良が原因と言われています。
その他にも無理なダイエットも低血圧の原因になります。

早めに気づきたい!主な症状は?

高血圧

高血圧の症状は意外にもあまりないのが実態なんです。
ですから更なる注意が必要ですね。

  • 頭が重い
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 呼吸困難(重症な場合)
  • 動悸(重要な場合)

など

低血圧

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 朝起きられない
  • 冷え
  • 肩こり
  • 動悸

など
これらの症状が現れた時は「もしかしたら高血圧もしくは低血圧かも」と1度疑ってみてもよいかもしれませんね。

知っておくと便利!血圧の正常値

昔は、年齢や性別などによって細かく決められていた事もありましたが、
最近では以下のように全て統一させています。
140/90mmHg未満 (病院などで測った場合)
130/85mmHg未満(自宅で測った場合)
ココからは高血圧、低血圧と線を引いたように決める事は難しいですが、
おおよその目安をご紹介します。

高血圧 最高100mmHg 以下 最低60mmHg以下
低血圧 最高135mmHg 以上 最低90mmHg 以上

血圧の異常で引き起こされる病気は?

高血圧は様々な病気の原因にもなるとても危険なものなんです。

高血圧が引き起す主な病気

  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 脳梗塞、くも膜下出血などの脳の合併症
  • 心筋梗塞、狭心症などの心臓の合併症
  • 腎不全、腎硬化症などの腎臓の合併症

低血圧は何か重大な病気の原因になるとはあまり言われてはいませんが、
いわゆる“低血圧症”も大変ツライ症状を伴うので、楽観視は出来ませんよ。

もしかしたら低血圧かも?高血圧かも?と思うところが少しでもあれば、
すぐにでも専門医やかかりつけ医の先生に相談する事をおススメします。
早期発見、早期治療が大切ですよ。